• にきびの原因と治療法

    思春期に増える男性ホルモンやストレスや生理の前に分泌される黄体ホルモンの影響で、皮脂が過剰に分泌され、皮膚の表面が固くなり、毛穴付近のターンオーバーが、正常でなくなると、毛穴が詰まりやすくなります。


    皮脂は毛穴の中でラードのような固まりとなり、コメド(面ぽう)と言われます。

    最初は白くポツンと盛り上がり、押しつぶすと、皮脂が出てきます。

    この状態が白にきびです。

    今、話題の便利なgoo ニュースのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

    次に肌の内部の皮脂が毛穴を押し上げて出てきます。個の皮脂に汚れが付いたり、皮脂が参加して黒くなるので黒にきびとよばれます。
    そのままにしておくと詰まった皮脂を栄養にしてアクネ菌が増殖して炎症を起こします。

    にきび情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

    この状態が赤にきびです。
    赤い状態が黄色くなってくると、炎症がさらに激しくなって黄にきびとなります。



    膿みがたまっている状態です。


    初期のニキビの治療薬は、皮膚科で処方されるアダバレンと言う薬です。

    この薬は、面ぽうを出来ないようにする薬で、面ぽうが出来ないと皮脂が毛穴を塞がなくなりますので、新しいニキビができず、いままでできていたものも、面ぽうが取れて治療できるのです。


    ただ、アダパレンには随伴症状として使用を始めて1カ月くらいから肌がひりひりするとか、赤くなるとか乾燥する作用が出てきます。

    これも使用を始めて数週間すると治ってきますので、気長く使う必要があります。アクネ筋に対する殺菌作用はありませんので、黄色くなった場合は、抗生物質が併用されます。

    さらに、最近は、過酸化ベンゾイルの保健使用ができるようになりました。


    この薬は、アクネ菌への殺菌作用もありますので、現在のところアダパレンと過酸化ベンゾイルを使った治療がにきびには一番効果があります。

  • 美容関係の情報

    • 最近、女性の肌悩みの上位に挙げられることも増えているにきび、思春期にできるものとは原因も違うので、同じようなアクネケアをしてしまうと、余計に悪化させてしまうことも多く、醜い跡となってさらに苦しめられてしまうこともあるので要注意です。大人の肌にできるにきびは、様々な原因が複雑に絡み合ってしまっていることも多く、スキンケアや生活習慣を見直して見ても、なかなか改善せず、繰り返し何度も同じところに出来て治らないということも少なくありません。...

  • 美容関係の真実

    • 大人にきびは、思春期にできるものと原因が異なります。思春期の場合は、成長ホルモンの影響で皮脂が過剰分泌されるということが原因のひとつだといわれていますが、大人にきびの場合は毛穴の出口の角質が厚くなり、毛穴をふさいでしまっていることが原因です。...

  • 美容コラム

    • 肌の悩みとして多いものに、にきびが挙げられます。にきびは青春のシンボルとしても知られるように、若い男女に多い皮膚疾患で、ホルモンバランスの影響から起こるという説が有力と言われています。...

  • 美容について思うこと

    • にきびの原因は様々な要素がありますが、特に毛穴に詰まった汚れの影響は大きいです。毛穴に詰まった化粧の残りなどから雑菌やアクネ菌が繁殖することになり、にきびとなります。...